目の下 の たるみ を 取る 方法 ためして ガッテン

目の下のたるみを取る方法を試してみよう!目の下のたるみは老化による肌のサグや衰えから生じるもので、多くの人が悩んでいます。そこで、この記事では、人気のテレビ番組「ガッテン!」で紹介された、目の下のたるみを取るための方法を紹介します。これらの方法を試すことで、目の下のたるみを改善し、若々しい印象を取り戻しましょう。

目の下のたるみとは?

目の下のたるみは、年齢とともに多くの人が直面する問題です。実際、40歳以上の人の7割が目の下のたるみを抱えているといわれています。顔全体の美しさや若々しさに大きな影響を与えるため、たるみは誰でも気になるものです。

目の下のたるみは、上まぶたのたるみとは異なります。上まぶたのたるみは、より年配の人々に起こりやすく、まぶたの脂肪が下垂している状態です。一方、目の下のたるみは、脂肪が減少したり、皮膚が硬くなったり、筋肉の萎縮など様々な原因があります。

目の下のたるみが現れるメカニズムには、いくつかの理論があります。1つは、加齢によるコラーゲンやエラスチンの減少が原因であるというものです。これらの繊維は、弾力性に富んでいるため、顔の輪郭を保つ重要な役割を果たしています。また、もう1つの理論は、環境要因が影響するというものです。紫外線や喫煙、ストレスなどの影響によって、肌がダメージを受け、加齢が速くなることがあります。そのため、目の下のたるみが生じる可能性が高くなることがあります。

更に、日常生活でも目の下のたるみが生じることがあります。従来の場合に粗悪な生活習慣や、寝不足、偏食、不規則な生活、運動不足などが原因であることが多いです。これらの要因が最も影響を与えるのは若い世代で、皮膚から水分が抜けて変色するといった現象が起こります。目の下は皮膚が薄い部位であるため、敏感に反応して目の下のたるみが起きる原因になることがあります。

以上から、目の下のたるみは年齢によるものと環境的要因によるものがあることがわかります。そして、その原因を理解することは治療法の選択に大きく影響することがあります。

たるみを解消する方法

目の下のたるみは、老化や睡眠不足、ストレス、食生活の乱れ、紫外線の影響などが原因となります。特に女性にとっては、化粧のノリも悪くなるため、気になる問題です。そこで、目の下のたるみを改善する方法をご紹介します。

1. 食生活の改善

目の下のたるみ改善には、ビタミンやミネラルが豊富な食品を摂取することが大切です。特に、ビタミンCやビタミンK、鉄分が多く含まれる野菜や果物、豆類、魚介類を積極的に摂るようにしましょう。また、飲料は水やお茶を中心に適量摂取し、アルコールやカフェインの摂取量を控えめにすることも重要です。

2. ストレッチやマッサージ

目の下のたるみを改善するためには、筋肉を鍛えるストレッチや、リンパの流れを促進するマッサージが効果的です。以下に、簡単なストレッチやマッサージ方法を紹介します。

・ストレッチ法

①右手の親指と人差し指で、左目の下の骨の上部をつまんで持ち上げます。

②呼吸を吐きながら、左目を上に向けつつ、親指と人差し指で上部を引き上げます。

③ゆっくり息を吸いながら元に戻します。次に、右目も同様に行います。

・マッサージ法

①中指と薬指を使って、目の下を円を描くようにマッサージします。

②親指を使い、目尻の下側から上に向けてタップします。

※マッサージオイルを使用する場合は、肌に合ったものを使いましょう。

3. 注意点

目の下のたるみを改善するためには、正しい方法を行うことが大切です。ただし、以下の点に注意しながら行いましょう。

・強い力でマッサージしない

肌に負担をかけないように、強い力でのマッサージは避けましょう。

・食生活を調整する

食生活は、ストレッチやマッサージと併せて行うことが重要です。しかし、過剰な栄養素の摂取は逆効果になる場合があるため、バランスの良い食事が大切です。

・ストレッチ・マッサージを無理に続けない

ストレッチやマッサージは、無理に続けることは肌に負担をかけることになります。また、やりすぎに注意しましょう。

・毎日続ける

ストレッチやマッサージは、毎日行い、続けることが改善の秘訣です。ただし、効果が出るまでには時間がかかる場合があるので、諦めずに続けましょう。

目の下のたるみを改善するためには、正しい方法を行うことが大切です。食生活やストレッチ、マッサージは、一時的な改善だけでなく、生活習慣全体を改善することで、長期的な改善効果が期待できます。日々の取り組みで、美しく健康な目元を手に入れましょう。

エクササイズ

目の下のたるみは、加齢やストレス、運動不足などの要因で起こります。しかし、筋肉を鍛えることで、目の下のたるみを改善することができます。以下に、目の下のたるみを取るためのエクササイズを解説します。

1. アイロン

1. 机などの平らな場所に腹ばいになります。顎を机の端にかけ、目線を下に向けます。
2. 手の甲を頬骨に当て、手首を押し付けます。この状態で、上方向に力をかけます。
3. 5秒程度そのまま力をかけたままにします。
4. 次に、手の甲を眉毛に当て、眉毛を下に向けながら力をかけます。
5. このように、頬骨と眉毛に交互に手の甲を当て、力をかけることを繰り返し行います。

2. 眼輪筋トレーニング

1. 正座をします。手のひらを開き、指先を目頭にあてます。
2. 指先を使って、目頭に向かって軽く押します。このとき、目を大きく見開きます。
3. 5秒程度そのまま力をかけたままにします。
4. 次に、目尻に向かって同じように指先で軽く押します。このときも、目を大きく見開きます。
5. このように、目頭から目尻まで、指先を使って軽く押すことを繰り返し行います。

3. 顎トレーニング

1. 大きな声で「あいうえお」と発声します。このとき、顎を下方向に引きます。
2. 15回程度繰り返します。
3. 次に、口を閉じた状態で「んんん」と鼻声で発声します。このときも、顎を下方向に引きます。
4. 15回程度繰り返します。
5. 最後に、口を大きく開けて上下の歯を割ります。このときも、顎を下方向に引きます。
6. 15回程度繰り返します。

以上が、目の下のたるみを改善するためのエクササイズです。筋トレと同様に、継続して行うことで効果が期待できます。また、姿勢にも注意しましょう。正しい姿勢で過ごすことで、目の下のたるみだけでなく、全身の健康にも繋がります。

美容機器を使って解消する方法

目の下のたるみを解消するためには、美容機器を使ったケアが効果的です。美容機器を使ったケアは、毎日続けることができるので、手軽で効率的な方法です。

具体的にどのような機器があるか、おすすめのアイテムを紹介します。

EMS美顔器

EMS美顔器は、しっかりとした刺激を与えることで、筋肉の収縮を促し、たるみを解消する美容機器です。目の下のたるみに最適なのは、マッサージプログラムが搭載されている商品です。EMS美顔器は、光や音がなるものもあるので、日々のお手入れにも役立ちます。

イオン導入器

イオン導入器は、コンパクトで使いやすい美容機器です。イオン導入器を使うことで、美容液の成分を肌の奥まで届けることができます。眼周のたるみには、コラーゲンやヒアルロン酸など、保湿効果の高い成分を使った美容液がおすすめです。また、イオン導入器は、マイナスイオンやプラスイオンによる刺激で、表情筋を引き締める効果もあります。

レーザー美顔器

レーザー美顔器は、高いレベルの効果を発揮する美容機器です。目の下のたるみを解消するには、レーザー美顔器の中でも、肌に優しいと言われる低出力タイプが最適です。低出力タイプなら、肌に負担をかけずに、効果的にたるみを解消することができます。また、レーザー美顔器には、美肌効果が期待できる商品が多数販売されています。

美顔ローラー

美顔ローラーは、手軽で使いやすく、お手入れが簡単な美容機器です。目の下のたるみには、2つのローラーが付いたタイプがおすすめです。ローラーを使うことで、肌を引き締めたり、血流を促進することができます。美顔ローラーは、化粧水や美容液を使って、保湿効果を高めながらお手入れすることができます。

以上が、目の下のたるみを解消するための美容機器です。お手頃な価格帯から高額商品まで、多くの商品が販売されているため、自分に合った商品を選ぶことが大切です。効果的にたるみを解消するためには、毎日のお手入れが欠かせません。気持ちよく使い続けられるものを選んで、美しい目元を手に入れましょう。

手軽にできるマッサージ

日常生活でできる手軽なマッサージ方法を紹介します。キュッと引き締まった目元を手に入れましょう。

1. 目の周りを軽く叩く

朝晩のスキンケアの時に、目の周りを軽く叩くと目の下のたるみを改善することができます。指の腹で軽く叩くだけでOKです。目の下の血流が良くなり、たるみ解消につながります。

2. アイマスクを使用する

休日を利用して、目にかけるアイマスクを使用してみましょう。アイマスクは目のまわりを温め、目の疲れを取ってくれる効果があります。目の周りが温かくなることで血流が良くなり、目の下のたるみが解消されます。

3. 目薬を使用する

目薬には血管収縮効果があるため、目の下のたるみ改善に効果があるとされています。ただし、長期的に使用すると目の乾燥や充血を引き起こす可能性がありますので、使用にあたっては医師の指示に従いましょう。

4. 片目を閉じて頬骨を押す

片目を閉じ、もう一方の手で頬骨を内側から押すようにしてください。このマッサージは、目の周りの筋肉を刺激することで目の周りのたるみを改善する効果があるとされています。

5. ハリアップマッサージを行う

ハリアップマッサージは、目の下のたるみ対策に一番効果があるとされています。やり方は、下のまぶたを持ち上げ、上のまぶたも持ち上げた状態でまぶたに対して縦にマッサージするだけです。この方法で目の周りを刺激することで、たるみの原因となる脂肪を下げる効果があります。ハリアップマッサージは1日1回、朝晩のスキンケアの時に行うことをおすすめします。

以上、手軽にできるマッサージ方法を紹介しました。日常生活に取り入れて、目の下のたるみを改善しましょう。ただし、いくらマッサージをしても、睡眠不足やストレス、過剰な飲酒や食生活の乱れなどが原因である場合は改善が難しい場合がありますので、生活習慣の見直しも大切です。

目の下のたるみ改善にあたって押さえておくべき6つの注意点

目の下のたるみは、加齢に伴って皮膚のコラーゲンの減少や肌のたるみ、ストレス、睡眠不足など様々な原因で起こってしまいます。そこで、改善に向けた対策を取る前に押さえておくべき注意点を解説します。

【1.ストレスを解消する】

ストレスは体に悪影響を与えるため、目の下のたるみ改善にも影響を与えます。ストレスを感じたときは、深呼吸やストレッチ、マッサージなどでリフレッシュしましょう。ストレスを感じやすい人は、ストレス解消に効果があるヨガや瞑想にも挑戦してみると良いでしょう。

【2.質の良い睡眠を取る】

目の下のたるみは、睡眠不足によって悪化する傾向があります。質の良い睡眠を取ることで、目の下のたるみの原因を解消することができます。寝室の環境を整えることで、より良い睡眠を取ることができます。例えば、寝室を暗くする、就寝前に入浴する、寝室の温度を調整するなど、自分にあった環境を整えて睡眠をとりましょう。

【3.適度な運動をする】

適度な運動で、体内の血行を促進し、目の下のたるみを改善することができます。ウォーキングやストレッチなど、無理のない運動を行うことが重要です。動かない生活を送っている人は、まずは軽い運動から始めるようにしましょう。また、水泳やエアロビクスなどの有酸素運動を行って、体内の老廃物を排出するように心がけてください。

【4.バランスの良い食生活を心がける】

目の下のたるみは、栄養不足によって引き起こされることがあります。バランスの良い食生活を心がけて、栄養豊富な食品を適量摂取することが大切です。特に、ビタミンCやE、カルシウム、鉄分が多く含まれている野菜や果物、海藻類、豆類などを積極的に摂るようにしましょう。

【5.保湿・マッサージでケアする】

目の下のたるみを改善するには、保湿とマッサージが有効です。保湿は、目元の肌を潤わせ、たるみを改善する効果があります。特に、ビタミンC誘導体やアスコルビン酸Na、ローヤルゼリーエキスが入った美容液を使うことがおすすめです。また、眼輪筋を刺激するマッサージを行うことによって血行を促進し、目の下のたるみを改善する効果があります。

【6.医療施術を受ける場合の注意点】

目の下のたるみは、自己流で改善しようとすると逆効果になることがあります。医療施術を受ける場合には、医師の診断と指導を受けることが大切です。施術方法や経過、リスクなどを理解した上で施術を受けることが必要です。一般的な医療施術には、ヒアルロン酸注入やレーザー治療、脂肪吸引などがあります。医療施術を行う際には、医師やクリニックの信頼性を高くすることが大切です。

目の下のたるみ改善に向けて、日々の生活や化粧品、医療施術など、様々な方法があります。目の下のたるみが気になっている人は、自分に適した方法を見つけて試してみましょう。

まとめ

本記事では、「目の下のたるみを取る方法」について、「ためしてガッテン」で紹介された方法をご紹介しました。自分でできる簡単なマッサージ方法から、健康的な生活習慣まで、たるみ解消に向けた情報をお届けしました。これらの方法を取り入れて、美しく健やかな目元を手に入れてください。

FAQ about 目の下のたるみを取る方法ためしてガッテン

Q:この方法は本当に効果があるのでしょうか?
A:「ためしてガッテン」で紹介された方法は、科学的に根拠のあるものばかりです。ただし、個人差があるため、すぐに効果が現れない場合もあります。続けて試してみてください。

Q:年齢によって効果に差があるのでしょうか?
A:年齢によってたるみの原因は異なりますが、ケア方法はどの年齢でも共通しています。何歳からでも取り組めることができます。

Q:日常生活に取り入れやすい方法はありますか?
A:簡単にできる方法が多くあります。例えば、眼精疲労を起こしやすい場合は、パソコン作業などをする前に目を休めるようにしましょう。

読んでくれてありがとうございました。またお越しください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *